植村花菜(Ka-Na)

Profile

8歳の時、映画『サウンド・オブ・ミュージック』を見て、その世界観に感銘を受け、歌手になることを決意。
2002年1月、19歳の時に独学でアコースティック・ギターと同時に、作詞・作曲も始める。
わずか2週間でオリジナル曲を完成させ、地元の川西能勢口駅前などの路上でライブを行うようになる。
同年10月には「服部良一記念大阪音楽祭 ザ・ストリートミュージシャン・グランプリ’02」に出場し、オリジナル楽曲「背中」を歌い、約1200組の中から見事グランプリを獲得。
2005年5月11日、シングル「大切な人」でメジャーデビュー。
2010年3月にリリースしたミニアルバム『わたしのかけらたち』に収録された「トイレの神様」が各方面で驚異的な反響を呼び、オリコン・有線・着うた(R)ランキングなどの各チャートで、上位を長期的に賑わすロングヒットを記録。
7月には上海万博で、初の海外パフォーマンスを大成功させる。
「トイレの神様」はドラマ化、小説・絵本化され、東京・大阪ではギャラリー展も開催されるなどの社会現象となる。
同曲は2010年11月にシングルカットされ、「日本レコード大賞」で優秀作品賞と作詩賞のW受賞。
「NHK紅白歌合戦」への初出場も果たし、2010年を代表する1曲として、多くの人に愛される曲となった。

2011年、仕事で訪れたアメリカテネシー州のナッシュビルで、日本とアメリカの文化や価値観の違いに衝撃を受け、翌年2012年にギターを一本抱えて、一人で約2ヶ月間の音楽武者修行を敢行。ニューオリンズ、ナッシュビル、NYなど、各地でストリートライブや飛び入りライブをする日々を送る。
2013年1月29日、前年のアメリカ一人旅で知り合ったジャズドラマー清水勇博氏と結婚。
2013年3月にリリースしたミニアルバム『Steps』は、2012年にアメリカを単独横断した経験をもとに制作。
2014年8月に第一子妊娠を発表後も精力的に音楽活動に勤しみ、初の洋楽カバーアルバム「The Covers ~60’s to 70’s~」をリリース。横浜・名古屋・大阪・東京にてJAZZ LIVEツアーを敢行し、産休に入る。
2015年1月27日第一子となる男子を出産。5月にはデビュー10周年ライブを大阪・東京にて開催。
9月30日には初のベストアルバム「The Best Songs」をリリース。
2016年初夏に公開される映画『海すずめ』の主題歌に新曲「ただいま。」が起用されることとなり、記念すべきデビュー12年目となる5月11日に同曲が収録されたミニアルバム「愛のかたち」をリリースする。

2016年末、家族でNYへ移住。
2017年にはカーネギーホル、2018年には ケネディーセンターなど、著名な場所でパフォーマンスを行い、2018年8月27日、FCI放送局ニュース番組「FCI News Catch!」のテーマ曲「Happiness」を発表。
同年秋には、スザンヌ・ヴェガのプロデューサーとして知られるスティーヴ・アダボを迎え、外国人ミュージシャンと共にEP「Happiness」を制作。そして、グラミー賞ノミネートアーティストのアリ・ヘストの前座として、東海岸ツアーを行う。
2019年1月、New EP「Happiness」を引っ提げ、数々の著名ミュージシャンが演奏しているNYのJoe’s PubでEPリリース記念コンサートを開催。
同年夏、New EP「Happiness」の日本発売を記念して、東名阪でJapan Tourを開催 。
2020年5月にデビュー15周年を迎え、同年10月にはBillbord  Live YOKOHAMAでデビュー15周年記念ライブを行う。

2021年5月11日、デビュー15周年を記念したNew Mini Album「それでいい」をリリース。
透明感溢れる歌声と親しみのあるキャラクターで、多くの人々を魅了する植村花菜。
母親となった彼女は、また新境地を拓きながら、音楽の道をひたすら歩み続けてゆく。

Official WEB https://ka-na.us

Twitter https://twitter.com/KaNaJpop

Instagram https://www.instagram.com/KaNaJpop

Facebook https://www.facebook.com/KaNaJpop

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCgrKTgwL3_mDvVvT4he9EYQ

前の記事

門脇 更紗